顔汗 制汗剤

制汗剤を使うメリットとデメリットは何?

夏になると汗をたくさんかく為に、出かける前に制汗剤を使う方がたくさんいます。

 

ドラッグストアなどで販売される商品は種類もたくさんあり、男女それぞれの制汗剤があります。

 

夏は目立つ顔汗やワキ汗など、全身から汗をかくために、色々な対策グッツが販売されていますので、エチケットとして使ってみるのもよいことですね。

 

一般的に使用されている制汗剤は、ワキの下に塗るタイプやボディスプレータイプ、シートタイプのものなど、色々な種類があります。

 

制汗剤を使うメリットとしては、汗の嫌な臭いを抑える効果があります。

 

特に男性の場合は体臭がとても強く、汗をかくと臭い菌が発生して悪臭となってしまいます。

 

その菌の発生を防ぐ効果もある薬用の制汗剤なども人気があります。

 

さらに暑い体温を冷やす為のメンソール配合のクールタイプの制汗剤など、それぞれの特徴をよく理解して効率よく使ってみましょう。

 

無香料のものや香料の入ったものがありますので、エチケットとしてもとても効果があります。

 

顔汗には、ふき取るタイプのものが便利ですから、夏はいつも携帯しておくと安心ですね。

 

では制汗剤を使うデメリットはあるのでしょうか。

 

制汗剤には汗を抑えるための収れん剤として塩化アルミニウムが配合されたものがあります。

 

この成分は肌に合わない人も多い為に、かぶれや肌の炎症になる副作用が起きることもあります。

 

肌の質はそれぞれ異なりますので、自分の肌にあう制汗剤を使うことが大切です。

 

汗をかきやすい部分は、一度かぶれてしまうとなかなか治らないことも特徴です。

 

症状が悪化してしまった場合には皮膚科で診察してもらいましょう。

 

毎日使う制汗剤も、デメリットがあることを覚えておかないといけません。

 

どんなものでも肌に合うわけではないので、刺激の強いものなどはなるべく避けて、そして必ずお風呂で綺麗に洗い、長時間肌に残さないことが必要です。

 

香りの良いものは香料も強い為に、成分をよく調べて選びましょう。

 

⇒汗にはミョウバン水がいい?作り方を公開中!