顔汗 緊張

顔汗は緊張すると何故止まらないの?その理由とは?

初対面の人と話をしたり、大勢の前で何かをするとき、緊張の為に全身汗をかいてしまうことがありますよね。

 

特に顔汗はとても目立つ為に、緊張していることが他の人にもばれてしまいます。

 

何故ドキドキすると、汗をかいてしまうのでしょうか。

 

これは自律神経と大きく関係しています。

 

自律神経の働きが不安定になってしまうと、緊張感をコントロールすることが難しくなり汗が出やすくなってしまいます。

 

交感神経と呼ばれる神経の働きが乱れることにより、発汗作用が不安定になってしまうのです。

 

そのため本来の体温調整の働きも鈍くなってしまい、暑くもないのに顔汗や脇汗をたくさんかいてしまいます。

 

自律神経失調症の症状と一つとして多汗症がありますが、あまりにも大量の汗をかくことが続く場合は、医療機関で診察することも大切ですね。

 

このように緊張すると汗をかきやすい方は、日頃のストレスや生活習慣により自律神経が乱れてる可能性があります。

 

リラックスできる環境を作りながら、精神的な負担を減らすことが顔汗などの改善にもつながります。

 

気温が高い時期は、自然と体から汗がでることが普通です。

 

しかし極度な緊張や、気温に関わらず大量の汗をかいてしまうことは、体に異常があるかもしれません。

 

そのままに放置せずに、対策をとることが大切ですね。

 

そして日頃から緊張をしないように心をリラックスできる方法を身に付けることも大切です。

 

簡単な方法としては大きく深呼吸を繰り返すことや、緊張する状況にあまり意識をしないことなど、色々な工夫をしてましょう。

 

顔汗などがこのような精神的なことが要因になる場合には、心療内科で診察をしてもらうことができます。

 

あらゆる角度から要因を突き止めることが必要ですから、心配な時はそのままに放置をせずにすぐに医療機関に行くことをお薦めします。

 

健康的に汗をかくことはとても大切なため、毎日の生活でも体調管理をしっかり行うことが重要です。

 

⇒顔汗を止める効果的な方法とは?